入職時や転職時に提示されるお給料の金額と、実際にもらえあるお給料とでは
金額に結構な差がありますよね・・・

しかも、お給料の内訳だったり、給料明細の見方って
会社で教えてくれるところはあまりないじゃないですか・・・

 

看護師1年目の時は教わった記憶ありませんでした。
何となく先輩から「1年目は住民税がひかれないから、いいよね~」って
言われたくらいです(^^;)

 

でも、国民として、労働者として知っておくべきところですよね。
新人研修でぜひ、やるべき項目だと思います。

なので、先輩達は、後輩に教えてあげてくださいね♡

 

 

 

もらえる金額に差が出るのは税金や社会保険料が引かれるから

 

実際に、お給料をもらってみると、想像していた金額より
おおよそ2割くらい少ない金額でもらう場合が多くなると思います。

 

例えば
総支給が30万円でも、手取りでもらえる金額は24万円くらい
総支給が20万円なら、手取りは16万円くらいというイメージです。

 

年収で考えたら総支給が300万円なら手取りは240万円
総支給が500万円なら手取りは400万円
総支給が700万円なら手取りは560万円くらいというイメージでしょうか。

※あくまでもおおよその目安です。

 

 

 

 

お給料からひかれているものは大きく分けて3種類

 

給料から天引きされるものの項目は大きく分けると3種類あります。

1,税金
2,社会保険料
3,会社独自のもの

の3つの項目になります。

 

 

1,税金

税金には2種類あり所得税住民税があります。

所得税はお給料の金額によって、税金の割合は変わってきますが、
【給与所得の源泉徴収税額表】を元に、
1年間の所得を見越して毎月所得税を支払っていきます。

 

住民税前の年の1月~12月の所得を元に計算され、
会社員であれば毎月のお給料から天引きされます。

そして、徴収するのが6月~翌年5月までの1年間なので、6月分のお給料から住民税の金額が変わります。(締め日などによって多少ずれることもあり)

新社会人となった1年生は、前年の収入がないので1年目のお給料は住民税が引かれません。
2年目になると住民税がひかれ始めるため、総支給額は上がっていたとしても、手取り支給額が少なくなるということがありますのでご注意ください

 

 

2,社会保険料

社会保険には4種類の保険があり、フルタイムもしくはパートでも条件を満たしていれば、社会保険に加入でき、社会保険料が引かれます。

社会保険の内訳は健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険です。

 

給料明細にもそれぞれの保険料がのっているのですが、
その4つ(3つ)の金額を合計したものも社会保険料としてまとめられていることがあるので、

どうひかれているのか混乱することがありますが、社会保険料だけを見れば大丈夫です。
両方引かれているわけではありませんので安心して下さい。

 

3,会社独自のものとは

財形貯蓄や、駐車場代、委託している保育園の保育料、親睦会費や共済会費など
もろもろ設定されています。

 

 

税金はどのくらいの割合でひかれる?

所得税はお給料(課税所得)の金額によって所得税の割合が変るしくみ(累進課税制度)なので、
たとえば所得が500万円でしたらその500万円に対して20%の所得税がかかるので所得税は100万円に、

所得が700万円でしたら23%の所得税がかかるので所得税は161万円になります。

※ただし、実際は年収(総所得)から様々な控除がひかれた上での、
計算になってくるので、所得税の金額はもっと少なくなります。

 

月々の所得税は【給与所得の源泉徴収税額表】を元に計算されています。


出典:国税庁HP

 

 

住民税は前年度のお給料の約10%です。(各市町村によって変わる)

 

なので、前年度よりも収入が下がってしまった場合でも、
住民税は高いまま、ということがおきてしまいます。

 

 

 

 

社会保険料はお給料の約15%

 

4つの社会保険料を合わせて、お給料の約30%が社会保険料となります。

しかし、会社側も半額負担(労使折半)してくれる制度があるので、
実質的には約15%の金額が毎月のお給料から引かれることになります。

 

お給料が30万円だったら約4.5万円が社会保険料として引かれるイメージです。
(40歳未満は介護保険料が含まれないので、もう少し少なくなります)

ただし、健康保険料は都道府県や、加入している健康保険組合によって、雇用保険は業種によって負担する割合が変ってきますのでご注意ください。

 

健康保険は基本的には4~6月分のお給料の平均によって9月から翌8月までの1年間の健康保険料が決まるので、この時期に残業などが多く給料が高かった場合、9月からの保険料も高くなってしまいます。

 

厚生年金は国民年金に上乗せした分の保険料も一緒に支払いますが
こちらは前の月のお給料を元に計算された金額となります。

 

 

健康保険・介護保険・厚生年金は【保険料額表】を元に計算されています。

出典:全国健康保険組合HP

 

 

この給与明細の「控除」という枠の中が
総支給額から引かれるお金の金額になります。

 

 

 

 

まとめ

 

*お給料の約2割が【控除】としてひかれている

*ひかれる項目は
1,税金
2,社会保険料
3,会社独自のもの

*所得税は所得の金額に応じて税率が変化
*住民税は前年の所得の約10%を12カ月で均等払い
*社会保険料はお給料の約15%

 

 

お給料が上がっても、それぞれでひかれるものの割合はほとんど変らないので、
稼いだら稼いだ分だけひかれていきます。

 

1年間の収入で見ると結構な金額負担していることになりますよね。

健康保険料だけで年収500万円だったら25万円ってことですから・・・

 

 

少子高齢社会で税金も上がっていますが、社会保険料も年々上がっている項目なので、働いても働いても手取りのお給料はあまり変らないということがあります。

 

これから先さらに高齢者は増えてくるので
支払うものは支払ってきているけど、満足にもらえないという現象が起きると思います。
なので、早いうちから自分たちで準備をしていかなければなりません。

効果的に貯金をして、資産を作っていきましょうね(*^-^*)

 

 

 

【看護師退職記念!!限定5名様 ワーママの家計救出大作戦】募集中!!
家計の見直し、節約ポイントを知りたい方はご相談ください。
気になる方は画像をクリックしてくださいね(*^-^*)