離婚してシングルマザーになったとき、最も気になる手当「児童扶養手当」ですが、実は確定申告でもらえる手当額が変わるってご存じでしたか?

Instagramで繰り返し発信し、サポートしてきたのですが、月額1~3万円変わるケースがあったり、そもそも役所の人にもらえないって言われたけどもらえるようになった♪など、実例がたくさんあります。

 

▼児童扶養手当の計算方法はコチラ
<2022年度版>児童扶養手当の計算方法をわかりやすく解説!

 

 

なぜ受給額が変わるのか?

これはお子さんの扶養先が影響しています。

児童扶養手当受給額の計算では、子どもの人数ではなく、税制度上で扶養している親族の人数によって所得限度額が変わってきます。

つまり、扶養人数が多いほど、所得限度額の幅が広がるため、受給できるかどうかの判断が変わったり、受給額が変わったりするのです。

 

日本では、夫の方に子どもの扶養を入れることが多く、特に出産~育児中は収入が減るため年末調整や確定申告で(元)夫側に子どもの扶養を入れるケースがほとんどです。

会社によっては収入が高い方で書いてと言われることもあるそうですが、実は16歳未満の子どもに関しては所得控除がないため、収入が多い方に書かなければならないなどの決まりはありません。また必ずしも収入が多い人に書いた方がお得とも限らないのです。

住民税の面では、収入が低い方に扶養を入れた方が住民税非課税ラインが変わり、お得になるケースもあります。

 

ちなみに、扶養には様々な種類がありそれぞれ別々の制度ですのでご注意ください。⠀⁡

・税金的な扶養⠀⁡
・社会保険の扶養⠀⁡
・職場の家族手当に関する扶養⠀⁡
・児童手当などに関する扶養⠀⁡
⠀⁡
⠀⁡
児童扶養手当の計算に関わるのは⁡税金に関しての扶養です。⁡

 

 

もらえるお金と対象時期はズレている


まず、押さえてもらいたいのは、⁡今の状況と、実際に申請するときに必要な「所得」や「扶養」の状況は⁡時期的にズレているという事です。⁡



離婚した今、子どもの扶養先が自分になったとしても、今貰う分の児童扶養手当の計算元となる「所得」と「扶養」は前年度もしくは前々年度なので、結婚している時期となります。⁡

なので、子どもが何人いたとしても、離婚する前子どもの扶養先が(元)夫だった場合、自分は扶養人数0人となってしまいます。⁡

そうなると所得制限が厳しくなり⁡児童扶養手当の支給対象外、もしくは受給額が少ないとなってしまうのです。⁡

 

対象となる所得の限度額を見ていくと⁡

扶養人数0人だと192万円⁡
扶養人数1人だと230万円⁡
扶養人数2人だと268万円⁡
扶養人数3人だと306万円…です。⁡

収入ではなく、「所得額」がこの金額を超えると受給対象外となります。⁡

扶養人数0人と3人の違いで65万円の差⁉

年収200万円、離婚前子ども3人は夫の扶養

児童扶養手当受給額は約49万円/年(約4万円/月)

→扶養変更により約71万円(約5.9万円/月)22万円/年UP

 

・年収320万円、離婚前子ども3人は夫の扶養

児童扶養手当は支給対象外

→扶養変更により約65万円(約5.4万円/月)受給できるように。

この2つ目の事例ですと、子どもの扶養先次第で、65万円ものお金を捨ててしまうことになるんです。

毎月5万円余裕ができるだけでも、働き方や家計に余裕は生まれてきます。それくらい大きなお金、守っていきませんか?

 

 

 

扶養変更をした方がいい人、できる人


扶養の所属を変更する手続きは確定申告でできます。⁡

(元)夫の方からは扶養を外し、⁡自分の方では扶養に入れます。⁡なので、(元)夫の協力がないとできないことなので交渉が必要です。⁡
⁡⁡
これは確定申告での変更となり、⁡税務署での手続きや郵送、ネット上の確定申告作成⁡コーナーでも変更することができます。⁡

ちなみに、過去5年間さかのぼって⁡変更できるのできるので⁡、すでに離婚しているけど⁡扶養人数0人とされて、手当がもらえていない人も、⁡もらえるようになるかも⁡しれません。⁡


⁡専業主婦だった場合は、そもそも所得がないため、お子さんの扶養がどっちであろうと所得限度額内になり満額支給の対象となります。

パートで働いていた、産休まで働いていたという方こそ、要注意です。

 

※自営業や医療費控除などですでに⁡確定申告をしている場合はできませんので⁡ご注意ください。⁡
会社員だけができる方法です。⁡
⁡⁡
※16歳以上の子どもの場合は、所得税や住民税の金額に影響するため、扶養変更によって還付金を受けたり、逆に税金を収めなければならないケースもあるため覚えておきましょう。。⠀

 

確定申告で扶養の所属変更

夫婦ともに確定申告をする必要があります。

 

確定申告書Bの2枚目、扶養欄を
 父→記載なしに、母→子どもの人数、子どもの個人情報記載

 

ネット申告・税務署に行く・郵送での手続き方法があります。

 ①国税庁HP(確定申告書作成コーナー)から申告

 ②税務署に2人で行き、修正

 ③自分で確定申告書を記載し郵送

 

確定申告は過去5年さかのぼって修正できるため、前年度、前々年度分の変更ができます。

 

※どちらかがすでに確定申告をしていた場合、変更ができませんのでご注意ください。
 (自営業だったり、医療費控除等をしている場合など)

※お子さんが16歳以上の場合、扶養控除があるため税金額に変更があります。
 ・扶養を外れた側は納税あり
 ・扶養をつけた側は還付金があり

 

 

役所の人も税務署もわかっていない

ご相談に来られるかたはだいたい役所にも相談しに行っているのですが、対応のほとんどはもらえるかもらえないか、で終わってしまうそうです。

金額の計算をしてくれず、計算式だけ渡されてここに載ってますから。で終わるケースもあるそう。

 

計算方法についてはコチラでも紹介していますが、1つずつ計算するとなるとちょっと大変ですよね。

 

また、もらえない&受給額が少ない場合の対処方法も知らない方がほとんど。というのも、役所の職員も起業しているわけではないので、税制度の理解や確定申告の事を知らないのです。

 

じゃあ、税務署に行ったら解決できるか?というとそこもほとんど解決できません。

税務署に問い合わせてもらっても多くは16歳未満は所得控除がないのでできません。と返されるそうです。そもそも児童扶養手当については関与していないため、関連性がわかっていません。

今までそのようなご相談がなかったのだと思います。

 

私もやとわれだけの時には、思いつきもしませんでした。なので調べるという事すらしなかったんですよね。

ライターとして児童扶養手当の記事を書くため、調べている中で疑問に思ったところでした。

 

児童扶養手当に関しては所得計算と支援制度の両方わかっていることで活用の幅が広がります。

こういったどこに相談すればいいのかわからない。でも損はしたくない。をサポートさせてもらっています。

 

 

 

児童扶養手当の計算・受給額UPサポート

自分ではわからない。

何をどういった手順で進めていけばいいのか?

確定申告って何をどうしたらいいの?など

サポートが必要な方は、手続きが完了するまでフォローさせていただきます。

 

 

ご相談内容

・児童扶養手当の金額シミュレーション

・役所・税務署への手続き方法サポート

・シミュレーションシートお渡しします

・児童扶養手当説明Bookプレゼント

※離婚後実家暮らしになる場合、ご両親など同居家族の状況が反映されるため、受給額UPは難しいケースが多いです。事前にお知らせください。

 

準備しておくなもの

・源泉徴収票(所得証明書などでも可)過去2年分

 

手続き完了まで

ご相談料 11,000円(税込み)

ZOOM面談30~60分/1回+メールかLINEでのメッセージやり取り

*こちらのメニューに関しては30分無料相談の対象外とさせていただいております。

 

お申し込みはこちらから