働くママがお金で損しない離婚・シングルマザー準備 家計と働き方相談

❀シングルマザーになるための準備・知識

希望を抱いて結婚しても、子どもが生まれてから急激に関係性が悪化することはよくあります。

でも、子どもが小さい状態での離婚は生活していくことができるのかどうか不安になり、なかなか次の決断ができないでいることがあるのではないでしょうか。

私は看護師で、離婚前の収入が多かったために、子供を出産しては働けない状況にあっても何一つ支援を受けることはできませんでした。

仕事を持っている女性は離婚したとしても、母子手当と呼ばれる児童扶養手当を受給できないケースがあるんですよね。

ただ、全例がそうではなく、確定申告をするともらえるようになるケースもあったりします。

離婚後の生活は知っているかどうか、活用できるかどうかで変わります。

同じシングルマザーとして、看護師として、ファイナンシャルプランナーとして、あなたの生活に合わせた
損しないための離婚・シンママ準備をご提案します。

❀離婚後の生活が不安でなかなか踏み切れない

✔離婚したいけどどのように進めたらいいかわからない
✔子どもを育てていけるか不安
✔仕事を今まで通りできる自信もないけど、収入が下がる不安も強い
✔貯金が全然できないのに教育費が心配
✔財産分与・養育費はどうやって決めたらいいの?
✔使える支援制度を知りたい

離婚後の生活を考えると、不安なことしか出てこないんじゃないか…というくらい、生活ができるのかどうか心配になると思います。

特にSNSやネットを見ていても、養育費を払ってくれないという声が多く、不安になりますよね。

離婚に関して様々な情報はあるにしても、自分にとっては未知の世界へ踏み込むわけなので、不安があって当たり前だと思います。だからこそ、その不安をひとつずつ整理をして、解決していく必要があります。

離婚のことをいろいろ調べているけど、「離婚」というキーワードだけで調べると、他の大事なことを見落としてしまう危険性があります。

例えば、児童扶養手当ですが、申請時の状況ではなく前年度、もしくは全然年度の所得と扶養の状態を確認するんですよね。

でも、日本ではほとんどのケースで子どもの扶養は旦那さんに入れている現状があります。この扶養の状況によって受け取ることができたはずの児童扶養手当が受け取れないケースがとても多いんです。40万円、50万円とみずから手放してしまうことに…

そして、自分が受け取れないと思ってそのままにしてしまう人が多いのですが、確定申告をして扶養を変更すれば受け取れるようになることがあります。

離婚に関しての情報がゼロの段階にいる人が、離婚に関する制度を調べるだけではここまでの解決策までたどり着けないケースが多いです。

役所の人もそこまで丁寧に教えてくれればいいですが、現実はどうでしょうか?私が相談したときはそんな話は一切出てきませんでした。
支援の対象になるかどうかだけでした。

離婚後の生活を考えたとき、一人で全部調べるのは情報が多すぎて大変です。離婚経験のない男性職員が対応することもあり、離婚に関する制度を教えてくれたとしてもカタチだけで、あなたの痛みまではわかってくれないのです。

❀離婚に税金の知識が必要

離婚を考えたときに、支援制度、お金、仕事、生活、子育て…と様々なことを関連付けて考えていく必要があります。

支援制度も税金関係の知識があるかないかで、アドバイスの質が大きく変わってきます。支援の対象になるかどうかは「所得」や「住民税」で判断されるのです。

そして所得などは働き方や節税の知識で減らすことができるのです。

あらゆる知識を関連付けて考えていくと、今抱えている問題を整理していくことができます。

 

ちなみに、私は看護師フルタイムでは受けられる支援制度は一つもありませんでした。
でも、私の場合は起業したことによって、【所得】を減らすことができたので、児童扶養手当を満額受給し、社会保険料、保育料も減り、100万円分ほどの支出が減りました。これだけで年間160万円の余裕ができたわけです。

ファイナンシャルプランナーという資格はお金のことについて広く学んでいます。

税金、保険、投資、相続、不動産、家計管理など…

特に私は子育て世帯の支援制度、会社員と個人事業主の働き方とお金を専門的に学んできました。

さらには元小児科看護師としての発達や病気の知識もあり、より子育て中のママの生活や思いに密着した具体的なアドバイスをすることができます。

❀ご相談することで”今””何を”するべきなのかハッキリします。

✔漠然とした不安の原因が見つかります
✔目指す生活の道筋が見えてきます。
✔働き方をどうするか、目標ができます。

たくさん考えることがあると、自分の頭の中で整理しているつもりでも、いろんなことが複雑に絡み合っています。
生活、お金、制度、仕事、子ども…といろんなことがあるため、単純に考えられないですよね。

この複雑な状態が続くと、漠然とした不安につながり、何から手をつけていいのかわからなくなってしまいます。

そうなってしまうと、取り掛かるまで時間がかかってしまうので、なかなか前に進めません。
でも、進まなきゃいけない状況でもありますよね…。まずはどのような手順で進めていくか早い段階で決めていきましょう。

 

❀お客様の声

離婚後の働き方や経済的な事で不安が大きかったのですが、今のままの働き方でも、手当てや制度を利用する事で、何とか生活は可能な事が分かりました。 また無理して正社員で働くより、今の働き方をしつつ、自分や子供との時間や気持ちの余裕を持つ事で、新たな事にも挑戦して将来に繋げていくのも有効だと思いました。
T・Iさま
オンライン相談
初めてのご相談でしたので、打ち合わせもなく申し込みをしてしまい、不安もありました。 しかし事前にメッセージのやり取りをしてくださり、知りたい内容に合わせて詳細な資料などご準備してくださり、感謝しています。
N・Yさま
オンライン相談
編集 編集 いつもInstagramのメッセージで相談させていただいていたのですが、モラハラなのか?と思いながらも、どんどんひどくなっていって、子どものことも無視したり、叩いたりするようになり、限界でした。 あやのさんに直接お話ができて気持ちが楽になりました。何から手を付けていいか、離婚について調べていても何もかもが不安だったのですが、焦ってもダメですね。 まずは離婚後の生活ができるよう仕事のことから考えていきます!いつも相談に乗っていただいて、ありがとうございます。
Mさま
Instagram⇒オンライン相談
自分がうつ病になってしまい、育児もうまくできなくて、そんな自分もすごい嫌で希死念慮も出るようになっていました。 旦那に負担がかかるからと思って離婚を考えるようになったのですが、離婚の相談をしたら実はモラハラだったということがわかり、 同じ空間で過ごすことも生理的に無理になってしまいました。 でも、専業主婦だったので収入の面でも不安が強くて、子どものことを考えたら私が我慢するのが一番いいんだと、言い聞かせていたんです。でもやっぱりつらくて相談して、どこに住めばいいか、市営住宅のことや手当のこととかいろいろ教えてもらい、何とかやっていけるとわかりました。 なによりも、体を大事にして、自分が無理だと思っている中で一緒に過ごしていたら、もっと症状が進むから離れたほうがいい、と言ってくれて、無事離婚することができました。病気のほうも希死念慮やだるさも落ち着いてきました。本当に離婚を決断してよかったです。 時々、どこで間違えちゃったんだろうとか考えることはありますが、それでも前の生活に戻りたいとは全く思いません。 相談して、背中を押してもらえてトンネルの出口が見えてきました。
E・Tさま
オンライン相談
あやのさん。今日はありがとうございました♪ やわらかい雰囲気、初対面とは思えないほどリラックスして話させてもらえました。知識盛りだくさんで、またいろいろ教えていただきたいなと思いました。
Sさま
オンライン相談

❀同じシングルマザーとして、ワクワクした人生を送ってほしい

看護師歴13年目、現役ナースです。
6年間小児科病棟、個別予防接種外来での母子相談支援1年半従事し、のべ6000人以上の母子とかかわってきました。

小児科以外ではICU、内科・整形・外傷・総合診療科などでも勤務経験があり、ヒトが生まれてから死ぬまでの看護を行ってきています。

私は長男出産した後生後5か月から復帰していたのですが、1歳の育児時間終了後から残業がとても多くなり、23時に保育園へお迎えに行って、帰宅…ということが続きました。
さらにワンオペ育児、夜泣きで30分おきに長男は覚醒していたので、疲労と睡眠不足がつもりに積もって、抑うつになってしまいました。

しかも、うつ症状の無関心、無気力のせいで
ネグレクト状態になってしまったのです。
小児科ナースだったのに、虐待という状況にショックは強くママの働き方改善は急務だと感じました。

 

でも、
「お金がないと働き方を変えられない」
という負の連鎖があることに気が付いたんです。

 

次男出産のタイミングで離婚しましたが、離婚が人生を大きく変えるとても大きなチャンスとなりました。

ママの働き方を安心して変えられるようになるには、お金の知識が必要。そして病院に雇われているだけでは収入アップは望めない。

そう思ったからこそ、出産翌日からFPの勉強を始め、2級ファイナンシャル・プランニング技能士と、日本FP協会認定AFPのダブルライセンスを取得。
看護師を続けながら、起業準備をしていきました。

起業準備で思ったのは
目標の人生をおくるために学ぶことって、人生を輝かせてくれるんです。

起業はお金のためが一番の理由でしたが、結果的にはお金の知識を学び、いろんな方の相談に乗ることができるようになりました。実際、私自身もシングルマザーなので、制度関係は常に学び続けています。

お客様以外に、私の周りにもシングルマザーがたくさんいます。

 

離婚を考えている時は、大きく悩んでいますが、離婚した後はすごくスッキリした表情をされています。離婚したことで、あらゆるしがらみから解放されたのでしょう。そのイキイキした表情を見ていけることが私のエネルギーになっています。

離婚することはネガティブなことでは決してありません。自分の幸せをつかみに行くことなので、私はむしろポジティブなことだと考えています。

つらい状況を体験するからこそ、人間は現状を変えるためのエネルギーが多く出てきます。

ただ、残念なことに、離婚すること自体は離婚届にサインをするだけなので簡単なのですが、離婚に伴って生活を組み立てなおすための制度や手続きなどが複雑です。

だからこそ、一人で調べるのが大変な部分を一緒に整理させていただきます。

❀サービスの内容と流れ

ご相談では今の現状や、離婚に対して抱えているお悩みをヒアリングし、
その情報から必要な支援制度をピックアップします。

また、家計の情報もお聞きして、離婚後の家計をどう組み立てていけるか、
家計のバランスや働き方をチェックしていきます。

❀ご相談料

通常 90分 15,000円(税別)

訪問の場合は別途交通費のご負担をお願いいたします。例)札幌市・江別・石狩市内1500円

決済方法は
*銀行振込
*クレジットカード(VISA,Mastercard)
*Pringアプリ
この3つでご案内させていただきます。

お支払い詳細は、お申し込み後にお知らせいたします。

 

❀所要時間

90分(オンライン・リアル)

❀ご相談方法

基本的にはオンラインでのご相談となり、ZOOM(ビデオ会議システム)を活用します。

対面でのご相談ご希望の場合は、北海道石狩郡当別町に来ていただくか、
ご自宅、もしくはご指定の場所にお伺いいたします。

❀お申し込みから当日までにやること

❀キャンセル規約

※キャンセルについて

1週間前:全額返金  
全日前:半額返金
当日:返金なし

返金時に手数料がかかる場合はご負担お願いいたします。

お子様の発熱や体調不良などで、予定変更となる場合は早めにご連絡ください。可能な限り、日程調整をさせていただきます。

ただし、何度も変更となったり、ご連絡がないなどの場合、他にご相談したい人が相談できなくなってしまうため、それ以降のお申し込みはお断りさせていただくことがございますのでご了承ください。

 

❀このようなお悩みを持っている方にこそピッタリなご相談です。

*弁護士に相談するまでの財産はないけど、お金の部分で損したくない
*子どもも小さいし離婚後の生活がとにかく不安
*働いていて、児童扶養手当を受けられなさそう
*収入を下げられないけど、子どもとの時間をつくりたい
*子どもの成長とともに夜勤をしなければならない

 

私も看護師としての収入があり、離婚前に支援制度を調べましたが、どれも対象外。
だけど、このままの働き方で子どもに時間の面でも、お金の面でも我慢させてしまうことがつらかったです。

でも、しっかりと制度を知ることで、働き方を変えることができました。
収入が下がっても、家計ではここを見直していける。おまけに税金も保育料も下がりました。

そして、支援制度があるなら安心して過ごしていける。そう思ったのです。

制度は役所、離婚は弁護士、家計の見直しは保険ではありません。
分けて考えるのではなく、総合的に判断して離婚後の生活をこれから作っていくことが大切です。

❀あなたの人生を変えられるのはあなただけです

離婚やシングルマザーに関する情報をいくら調べても、お金に関する情報を知っていても、人生を変えられることはできません。

自分の目指す人生にたどり着けるかどうかは、行動あってこそです。
私が力になることができるのは、その行動をするためのサポートです。

安心して、次の一歩を踏み出せるようお手伝いさせていただきます。

確認メールは48時間以内に返信させていただきます。

ご連絡がない場合はtakanashi@fulfillingdays.comもしくはhamalife.fp@gmail.com(LINEやInstagramなどでも可)までご連絡をください。

メールをお送りしても返信がないケースもあるため、そのような場合は電話からご連絡をさせていただく場合もございます。