ハピママ*セッション

ハピママ*セッション

ハピママ*セッションとは?

「どこに相談したらいいのかわからない…」多くの人が抱えがちな心のモヤモヤ、心と頭がずれているような感覚など、複雑に絡み合った問題を解決していくセッションです。

心の奥底にある絡まっていた糸のような塊を一つずつ、潜在意識に問いかけながら外していくことで、自分自身で無意識のうちにブレーキをかけていた力が弱まり、行動しやすくなります。

その結果、心の底から求めているような生活を手に入れることができたり、生き苦しさを手放し、幸せを感じられるようになるのです。

 

いつも同じことの繰り返しで、なかなか前に踏み出せない

☑子どもに対してつい感情的になってしまう

☑私には何もできないと思ってしまう

☑まわりからどう思われるのか気になって次に進めない

☑心も体も不調でスッキリしない

☑モラハラを受けてるけどどうしたらいいかわからない

☑特定の人に対する怒りや恐怖心がある

☑お金の不安が強い

☑お金が出て行ってばかりで貯まらない

☑仕事を抱え込みすぎてて苦しい

☑やりたいことがあるのに継続できない

などなど

nayami-f-image

このようなことで悩んでいませんか?

「子育て中なんだから我慢しなさい」「子育てでは怒ってはいけない」など、まだまだ「○○は○○すべき」という常識なども多く、生きづらさを感じていたり、適応できないと悩む方がとても多くいらっしゃいます。

また、困っているのに人を頼ることができずに、一人で色々な問題を抱えすぎて、身動きが取れなくなってしまっている方も…。

人の感情に敏感なHSPさんでしたら、なおさらその傾向は強いかもしれません。

 

このようなネガティブな感情が続いていることで、体へのダメージも多く、似たような人、似たような現象を繰り返し引き寄せてしまいます。

誰もがストレスフルな社会で生きています。

若者の自殺も虐待も増えていますよね。うつ病などメンタル面でダメージを受けている人がとても増えました。

 

実際に私も抑うつと、その症状により育児放棄(ネグレクト)という虐待状態になってしまったことがあります。

元々完ぺき主義だったこともありますが、夜遅くまで子どもを預けながら残業で働き、子どもの夜泣きで眠れないという状況下で1か月もたたないうちに、そのような状況になってしまったのです。

小児科で虐待のことを勉強してきていても、加害者側になってしまったのです。

虐待もうつ病も誰もが起こりうることです。もはや最近ではうつ病は生活習慣病とまで言われるようになってきました。

 

核家族だったり、女性も働かなきゃいけない時代で母親の役割だけが増えていき、休まることがありません。

あらゆる環境因子により、誰もがこのような状況に陥るリスクを抱えているのです。メンタル不調は特別なものではありません。

 

「苦しいな。」「ツライな。」と思ったら、糸が切れてしまう前に、できるだけ早く解決していきましょう。

 

問題解決ができないのは、あなたのせいではない

時代の流れはあっという間に変わります。最近はあらゆる専門家が増え、お悩み別に細分化。情報もいつでもどこにいてもキャッチできる時代です。

ですが、それがかえってメンタル不調に陥っている原因でもあると思うのです。

というのも、細分化された専門家が増えるということは、表面に見えている問題しか解決できない人ばかりになったということでもあります。専門外のことは「対応できません。」で終わります。でも別の課題が残っているとモヤモヤも残りますよね。逆にもっと重要な問題が見過ごされてしまうというデメリットもあるのです。

 

人間はだれしも、たくさんのことを考え、複数の要因に関して悩んでいます。

それぞれの悩みの関連性が見えてこないと、根本問題は解決できません。根本から解決できていなければ、その時は解決できたように思っても繰り返してしまいます。

だからこそ、問題・原因の特定をして、そこのつまりをとってから必要なアプローチをしていく必要があるのです。

 

 

本質をとらえなければ同じことは繰り返される。

お金のことやビジネスを学んでいた時にも思ったことでした。いくら解決する手段を勉強して身に着けたところで、一時的な解決にしかならないという事です。病院での治療もそうで、対症療法なんです。

 

例えば肺炎によって咳が出ていたとします。その咳を抑える咳止めの薬だけ飲んでいても、肺炎はよくなりません。むしろ悪化することもあります。悪化して炎症が広がると、敗血症になって死に至る事もあります。

なので、対症療法ではなく根本の原因となっている肺炎の治療が必要です。もっと言うと、肺炎にならないよう免疫力を上げることなど、体のベースを上げることが予防では重要です。

 

時代の流れが速い分、目に見える結果を追う人が増えました自分自身を向き合うチャンスも自ら手放しているように思います。自分には合わないからやめる。苦しいから次に…と逃げ癖もついているかもしれません。でもこれをしている限り、同じような問題が何度も出てきて、結局は逃げた分だけ時間がかかってしまうのです。

私たちは思考(左脳)で考える癖がついてしまいました。何をするにもまず頭で考えていると思います。

でも、自分たちの体を作っている臓器や血液・神経などを動かすのは思考ではありません。

自律神経の働きによって動かされています。この自律神経は頭ではコントロールできないのです。

でも、潜在意識や集合的無意識といって見えない感情・エネルギーを変えることで整えていくことができると最近の科学ではわかってきました。

身体のパフォーマンスを上げていくには、心の奥底にふたを閉めている感情を解きほぐしていくことが重要なのです。

 

 

早く深く解決できる理由は

最新の科学でも、見えない世界の研究が進んでおり、見える世界、原子までの話は古典物理学といわれています。

身近なWi-Fiや電子レンジなどで過熱をするとき、何か物質が行き来しているのは見えますか?目に見えないけど確実に存在していて、何かしらの影響を与えていると思います。

身体を作っているものは、細胞ですが、細胞ももっと分解していけば感情(ゼロポイントフィールド)や光(バイオフォトン)によって支配されています。「病は気から」という言葉は昔から言われていましたが、科学的にも証明されてきました。

ハピママ*セッションではこのゼロポイントフィールドに当たる感情をしっかりと読み解き、ご相談者さまの潜在意識に対し、話していることがしっくりくるのか?心の底から感じていることなのか?何が原因でその感情が残っているのか?など確認をするため、根本的に抱えている問題にアクセスしやすくなるのです。

 

感情の根本原因は、生まれてきてから起こったエピソード(トラウマ)だけではありません。

過去世(前世)や両親や祖先からの因縁、社会の中での共通概念など集合的無意識から影響を受けていることが多くあります。

通常のカウンセリングではそこまで深い部分にアクセスできないため、解決できないことも多いのですが、原因から取り除くことで何年通っても解決できなかった問題が、たった15分、30分…といった短い時間で解決することができるのです。

 

実際にご相談されてきた方で心療内科に通い、カウンセリングを受けている方もいらっしゃいます。でも、何年通っても薬で抑えるだけという状況だったのが、

✓電車にのれるようになった

✓人ごみに行けるようになった

✓薬を持ち歩かなくても不安がなくなった

 

など変化を感じている方も複数名いらっしゃいます。

今までの苦しみは、断ち切っていってもいいんです。もし変わりたい。もっとこんな生活を送れるようになりたい。という思いがあるのでしたら、一度ご相談してみてくださいね。

ご相談者さまの事例

N・Mさま(30代)

これからのサロン運営の仕方について相談を受けている中で、「融資を受けた方がいいのはわかっているんだけど、お金を借りるという事、返さなければならないお金というところで中々次に進めない」という話をお聞きしたところ、借りても使ってしまう、残らないという不安があることがわかりました。そしてその背景にはお金を返すために働かなきゃいけないという思いになってしまう事がこの悩みの根源でした。

最近の仕事がお金のための仕事になっている状況があって、自分が何をしていいかわからない。どう進めていいかわからない。仕事が楽しいと思えなくて、お客さんも減ってて余計に焦っていると。まずは融資を受けると生活の不安がどうなるのか⇒お金が手元にあるという安心があります⇒心の余裕ができれば仕事へのモチベーションも変わります⇒仕事に集中できるようになり、お客様への満足度も上がります⇒定期的に来てくれるようになったり口コミが広がっていくと収入の安定につながります⇒お金の不安もなく、充実して過ごせます

現状抱えている問題しか見えない状況でいくら未来考えても自分で理想像を描けない状況でしたが、こちらから聞くことで蓋をしていた思いが出せるようになりました。

そこで、問題となっていた根源を探すと、「父親のやってあげたかったけどできなかった後悔」の想いを引き継いでしまったことでやる事を自分で増やしてしまっている状況になっていました。結果的にやらなければならないことが増えすぎて自分の首を絞めている現状。でも、相手が不満を伝えてきたわけじゃないけどやらなきゃいけないと思い込んでいることが多いことも。

このブロックを外した先に、さらに違うブロックが出てきました。「お客様との関係」について。

ヒアリングを進めると、満足させてあげられていない。課題を残してしまっていること。がありました。ビジネスの話をしていても、お客様のなりたい姿、理想の姿を考えるように言われても全然考えることができないという課題も抱えていたことがここでわかりました。その原因として「問題点、残された課題」にばかり目が行き、来店前後の変化は見ていなかったと。カルテにもビフォーアフターは書かずに次の課題しか書いていなかったから、お客様にも課題が残っていることしか伝えられていなかった現実があり、それがかえって満足度を下げる原因になっていたことにも。

これからできることとして、お客様にも来た時と比べてどう変わったのか考えてもらう事、しっかりビフォーアフターを記録して、これからのメニュー改定にも活かしていくこと。

電話相談の前後で声のトーンもすごく明るくなり、前に進むエネルギーに満ち溢れている状態に変わっていました。

T・Kさま(30代)

うつになってからずっと音に敏感になって、音楽を大音量でかけたり、静かなところにこもりたいって思うようになっていたようで、家族の声や動作音もすごい癇に障るとのご相談でした。家族の存在自体がイヤになる事もあって同じ空間にいるだけでイライラすると。

その音に対するイライラは2つの問題から来ていることでした。

1つ目は、家族の死を感じることによる恐怖心から。
2つ目は、自分のやりたいことに没頭できる時間を求めているけどできない現状があったこと。

過去に死に立ち会ったとき、すごく深い悲しみがあったこと、自分自身はその時何もできずにいて無力感を感じていたことがあり、今家族の死が近いんじゃないかという不安と自分がその時ひとりだったら、自分のせいで死んでしまったどうしようという恐怖心から、自分の身体のことを大事にできない家族に対して怒りという感情が湧き出ていたようです。

家族の中で、死についてあんまり話し合うことができていなかったからこうなったときにはどんなことをすればいいのか、他の家族の想いも聞いてみること、自分の中で流れがわかるだけでも不安は小さくすることができます。

もう一つの音に対してのイライラは、自分のやりたいことを我慢しているからという原因で、やりたいことをやっている間は集中しているからまわりの音も気になる事実もあり、そういった時間を少しずつ増やしてみること、まわりの人への遠慮の気持ちや、自分の病気のこともあり、やりたいことをやったらダメなんだというやりたいことをやったらダメなんだという無意識でのブレーキがあるけど、本当はやりたいことができる充実感を求めているから、それがイライラという形で教えてくれていたことでした。

イライラが減る事で、子どもたちへの接し方も変わり、もっと良い関係を築けることにつながります。

今挑戦していることを少しずつ時間を増やしていけるといいねという事でご相談が終わりました。
腑に落ちることが多く、終わるころにはスッキリされた表情をされていました。
そして、「やりたいことがあるんだよね。」と、これからやってみたいことの話をされており、前に向かって進めるようになりました。

M・Mさま(40代)

起業したけど、自分でやらなきゃいけないことが多くなってしまい、行き詰まっているとのことでした。

ブログを書かなきゃいけない、充実しているように見せなければならない、今のお仕事も並行して続けていなきゃいけない…と自分でやることを減らせない状況にし、ハードルを上げてしまっている状況でした。

モチベーションが高い状態だといろんなことがうまくいくのもわかっていても、なかなかできない。やらなければならないって思えば思うほど、モチベーションはあがらず、時間はあるはずなのにダラダラしてしまって、できないでいたとのこと。

セッションの時は半信半疑でしたが、思いをひきだすこととなり、驚かれていました。

今回思うようにできないのは、まわりの人に弱く思われたくない、できない人間って思われたくないという思いがあり、そのさらに奥にある感情として人が離れていくことが不安に思っているということが根本的な課題として見えてきました。

ブログが書けないことと全くつながるような感情ではなかったのですが、人が離れていく不安という思いが、完璧主義の原因になっていることにも納得できて、気持ちが楽になったようです。

セッションの中で、ブログが書けている姿、自分がイキイキしている姿を思い描いてもらい、その状態になったらどんな変化が起こりそうか、生活やお仕事、まわりの人との関係性はどうなりそうか、考えてもらいました。

話す前とは全然違う表情になり、「やらなきゃいけない」という焦りははずれ、「楽しんで書いていこう」と前向きな言葉に変わり、「楽しむ」「ワクワクする」という気持ちを思い出せたようです。

後日連絡があり、すらすらブログが書けるようになって、調子を取り戻したとのことでした。

K・Aさま(30代)

集客ができない悩みがあったけど、お問い合わせや相談が増えてくると不安になってしまい、体調を崩したりすることが続いて、広がりを持てずにいるとのご相談でした。

根本的な原因として
<子どもとの時間をつくれなくなってしまう申し訳なさ>が出てきました。

両親も自営業の共働きで、冬以外はほとんど一緒にいることができず、夜ご飯は祖母がつくったもの、夜ご飯が終わってから母が家に戻ってきて、ちょっと話して、寝たらまた仕事に戻る。という生活で寂しさがあったとのこと。

いつも怒られている記憶しか残っていないことや、体調崩してお迎えに来てもらうとぐちぐち文句を言われていたなど、自分は愛されていないと思っていた時期があり、かえってすぐ保健室に行くようになったり、自傷・大量服薬などの行為などもしたことがあったとのことでした。

今、K様がその当時の母と同じ立場になり、自営業で仕事ができるけど、仕事が増えると子どもたちへの関わり方も希薄化したり、子どもたちの体調不良で仕事のキャンセルなどをしなければならない状況になってしまうと、どちらに対してもネガティブな感情になってしまうのが不安で、仕事が増えることに拒絶反応が出ている状況でした。

①母の愛情を再確認し、愛されていたからこそ体調を崩したときはそばにいてくれたということ

②母にしてもらいたかったことを思い出して、過去の自分を癒していく

③子どもたちへの申し訳なさ、悲しみがなくなった自分、生活、子どもとの関係性、お仕事、イメージしていく。

④不足していたエネルギーを届ける。

①~④で子どもたちへの申し訳なさという感情はなくなったのですが、次に別の感情が出てきました。「不安、自信がない」という感情でした。

<仕事と子育ての両立がそもそもできない>という思いが新たに出てきました。

ここの原因は前世からの課題の持越しだったので、エネルギーワークで外し、終了しました。

Kさまの体感としては、「スッと体が軽くなった。なんか、その時の感覚とか不安が思い出せない。」とのことです。セッション中は涙が止まらない様子でしたが、最後はピタッと止まっており、表情がスッキリされておりました。

ハピママ*セッション料金

(初回)60分 12,500円(税込み)

◆初回限定
60~90分 12,500円
(税込み)

◆2回目以降
60~90分 25,000円(税込み)

◆3ヶ月集中セッション
2回/月×3ヶ月  60~90分/回 165,000円(税込み)

メール講座・公式LINEご登録されている方は10%OFFとさせていただきます。
お申し込み時にお申し付けください。

 

 


お支払い方法(前払い)は
*銀行振込(住信SBIネット銀行)
*クレジットカード(VISA/MasterCard)

どちらかからお選びください。
お支払い詳細は、お申し込み後にお知らせいたします。

 

※訪問の場合は別途交通費のご負担をお願いいたします。
例)札幌市・江別・石狩市内3000円

※離婚準備相談・マネー相談・起業相談などを希望される場合は、内容によっては別途追加料金が発生することもございます。そのセッション内でお伝え出来ることはできる限りお話しさせていただきます。

キャンセル規約

※キャンセルについて

1週間前:全額返金  
前日:半額返金
当日:返金なし

返金時に手数料がかかる場合はご負担お願いいたします。

お子様の発熱や体調不良などで、予定変更となる場合は早めにご連絡ください。
可能な限り、日程調整をさせていただきます。

ただし、何度も変更となったり、ご連絡がないなどの場合、
他にご相談したい人が相談できなくなってしまうため、
それ以降のお申し込みはお断りさせていただくことがございますのでご了承ください。

ハピママ*セッションの流れは?

~セッションまで~

①こちらのサイト下部からお申し込みをお願いいたします。

②お支払い完了後、詳細のご連絡・日程調整などさせていただきます。

 

~セッションでは~

①今抱えている悩みや不安をお聞きします。

②そのお悩みに対して、状況を整理し、1つずつ課題となることを深堀り致します。

③悩みに対してどんな原因があるのか、読み解いていきます。

④悩みや不安を解決につながるアドバイスなどさせていただきます。

※事前にご準備していただくものはございません。当日ご案内するZOOMからご参加さい。

 

セッション方法

基本的にはオンラインでのご相談となり、Zoom(ビデオ会議システム)を活用します。
Zoomが難しい場合は、LINE通話やInstagram通話などでも対応できますので、ご相談ください。

 

Zoomの場合、事前準備
1,Zoomアプリをダウンロードしてください。
2,セッション前までにZoomの詳細をお伝えしますので、
  記載されているURLをクリックしてZoomに入室してください。

※Zoomアプリをダウンロードできない場合は、
 お知らせするURLをコピーしてgooglechromeやfirefox等の検索窓に貼り付けし、
 実行してください。

※対面でのご相談ご希望の場合は、北海道石狩郡当別町に来ていただくか、
 ご自宅、もしくはご指定の場所にお伺いいたします。
 (ご指定の場所の場合は交通費のご負担をお願いしております。)

 

悩みにフォーカスしている限り前には進めない

悩みだけに意識がむいていると、解決策が思い浮かびにくかったり、
全然別のところに原因があってもその原因に気が付かず、
対症療法ばかりとなって同じ問題を繰り返してしまいます

前に進んでいくには、もっと広い視野で物事をとらえて判断していく必要があります。

そして私もこの技術を学びながら感じたことは、
自分の中の深い悩みは自分で解決することはかなり難しい。
という事でした。

ある程度進めると感情のブレーキがかかってしまい、深堀していくことができないのです。
自分のことは自分が一番わかってあげられない。
でも、そのことを気づかせてもらえると、
ふっと心が軽くなるものです

理想の自分・生活を手に入れたい

課題がある人はより良い人生を歩むことができる

悩んでいることって、とてもつらい状況かと思います。
ただ、そのつらさは前に進みたいという思いがあってこそ出てくる感情でもあります。

そもそも現状に満足していると悩みや課題にすら気が付かないのです。

つらいという感情が強いと中々前に進むことは難しいかもしれません。
でも、その思いを越えて、行動した人だけがなりたい自分の姿を手に入れることができるのです。

小さな一歩かもしれませんが、必ず別の未来が待っています。

やるかやらないかよりも、どうやるのか。
現状抱えている問題から抜け出すお手伝いをさせてください*^-^*

一緒に笑顔を増やしていきましょう。