あの年金2000万円問題の
元となった金融庁報告書
を書いた人!

先日参加してきたFP協会の
セミナーの講師は

投資王子こと
セゾン投信の代表
中野晴啓さんでした。

何冊か本を読んでいたのですが、
実は先日話題になった
金融庁の報告書をつくった12人の
中の一人だったんですよ!!

ってことで、
あの出来事の裏話も
たくさん聞くことができました(*^-^*)

報告書を作成した側としては
年金問題はさらっとしか触れておらず
例えばの例として出したものが
あのような形でメディアに
取り上げられてしまいました‥

でも、本当に伝えたいことって
そこではなく、

【今と同じように豊かな生活を
老後も続けたいなら資産運用は必須】

ということです!

だって、日本は
少子高齢化社会なんです。

労働人口が減り続けてるところで
国として経済的に成長を
していくことが不可能なんです。

ましてや銀行や枕元に
お金をただ眠らせているだけの状態で

銀行も融資を積極的にしていかない

ってことは
新しい価値を生み出すものへの
投資ができない状況です。

お金が循環していないんですよね・・・。

でも、
世界、アメリカは
毎年少しずつ経済は成長しています。

アメリカでは40年前に始まった
確定拠出年金制度などにより
だれでも勝手に資産運用されていたという
仕組みがあるんです。

国民みんなが投資信託を
利用することが当たり前なのです。

知らぬ間に誰もが資産家として
国の経済成長を支えていたんです。

だからこそ
今、平凡なサラリーマンだったひとたちが
貯まった年金をみてビックリ!!

気づかないうちに億万長者になっている
という現象があちこちで起きているんです。

40年間も長期投資していれば
資産が億を超えることはかんたんです。

自分達だけではなく、その次の世代へと
どんどん引き継がれていきます。

しかし、
政府を過信してきた日本には
圧倒的にお金の本質を
考える力か不足しています。

経済成長が見込めない日本に
国として国民全員が
豊かになるような暮らしを提供する力は
残っていません。

だからこそより良い生活を
100歳まで送りたいと思うなら
自分で対策をたてて
行動していかなければなりません。

資産運用は
1億円貯めなくてもいいんです。
毎月利息だけで生活できるように
なればそれもOKだと思っています✨

毎月いくらの生活費が必要なのか、
考えみましょう!

将来ラクをするためには
今、土台を作ることは必須です。

何かしら行動しなければ
どんな生活が待っているのか
考えて見てくださいね。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

【家計の見直し×運用】で

少しでも今の生活を変えずに
貯蓄を増やせばお金だけじゃなく
心にも余裕が生まれて、家族仲もよくなる♪

共働き、シングルマザー、看護師
子育て世代の
お金の使い方、作り方

ナースライフプランナーとして、
あなたの家計を一緒に考えます(*^-^*)