子どもの命をただ守りたいだけ

ayano-t-220324-039

こんにちは!

ファイナンシャルナース 高梨子です(*^-^*)

 

週末は北海道もめちゃめちゃ暑くなりました…

 

という事で、

土曜日から離婚調停中のお友達が

我が家に泊まりに聞いていたので

 

色々相談にのりつつ夏を満喫しました!

 

どうしても母子だけだと楽しみにくい

焼肉や川遊び、魚釣り、

広い場所で走り回る

田んぼの周りで叫びまくる

夜は花火、寝かしつけ後のお酒

 

などなど、

1人では中々出来ない楽しみを

共有してました♪

 

子どもが生まれてから

やりたいなー。でも旦那いないと億劫だな・・・」は

 

ママ友を巻き込んで季節の移り変わりを

一緒に楽しむようにしてます♪

 

ひとり親でも諦めたくない事がたくさんあると思います。

 

できる方法を考えていきましょうね(*^-^*)

 

マスク問題とどう向き合う?

今日は、暑さの事から、ちょっと私の想いをお伝えします。

 

「マスク問題」なんですが、私もほとんどつけない生活で、

お店などで直接言われたり、呼吸器症状があるときはつけたりしています。

 

ただ、子どもの事となると、別問題。

 

我が子の保育園では装着が「義務」とされているんですよね。

 

何度も、心身への影響があるからと伝えてきました。

 

子どもの場合は特にデメリットの方が上回る事だから、

マスクは外してほしいと抗議してきました。

 

そして、6月に入ってからは、

兄弟で夜間せん妄状態になることが

頻発しているので、

 

よりマスクの事は何度もお願いしてきたんです。

 

ですが、この前の土曜日は

ホールで走り回って汗だくの中、

べちゃべちゃに塗れたマスクを鼻まで装着していて、

愕然としました。

 

せん妄状態になっている背景として考えられること

・脱水状態になっている。

・高二酸化炭素血症になっている。

 

この2つのリスクが考えられます。

 

おそらく後者の方・・・。

 

マスクをしているとどうしても

排出したCO2を再度吸うことになります。

 

さらに塗れたマスクでは換気が悪いので、

その濃度がさらに高まります。

 

子どもは換気(呼吸)回数が多く、

大人以上に高濃度のCO2を吸い込んでいると思います。

 

また、我が子に関しては、

喘息・アレルギー性鼻炎を持病として持っており、

そもそも正常な呼吸が出来ていません。

 

気管支が慢性的に炎症を起こしているので、

換気が悪いのと、呼吸自体も人より浅いのです。

 

急激なCO2濃度の上昇は

CO2ナルコーシスのような状態になりやすいので。

 

 

体育競技中、気温は高くないのに

亡くなってしまったお子さんも、

おそらく熱中症ではなく、CO2濃度の上昇が

影響していたのではないか?とも言われています。

 

CO2ナルコーシス

高二酸化炭素血症では

 

頭痛

振戦(手足の震え)

錯乱

意識障害 

 

などがおこります。

 

この夜間せん妄は

「意識障害」です。

 

本人たち、夜間暴れていたことは一切覚えておりません。

 

これが進行すると

 

呼吸状態の悪化

昏睡状態

徐脈

ショック状態

 

など生命の危険となります。

 

つまり頭痛も、せん妄も

こういった命の危険を教えてくれていることなんです。

 

子どもたちは

 

「マスクをつけていないと怒られる」

「マスクがないと不安」

 

という状態になっています。

 

苦しくても外せないんです。

 

長く装着してきていて

「苦しい」とすら思わないかもしれません。

 

慢性呼吸不全の患者さんを看護してきましたが、

CO2ナルコーシスも苦しいって

自覚なく進んでしまうものなので、

 

ICUにいた時はちょっとおかしいなと思ったら

採血で血液ガス分析をすぐにして、

血中のCO2濃度を測定して数字で分析、対処していました。

 

そんな数値的な判断は

普段できません。

 

病棟でも出来ませんでした。

 

大人が積極的にマスクを外してあげなければ、

子どもは自分で自分の身体を守れません。

 

感染症やワクチンの後遺症も心配ですが、

他にもリスクはたくさんあるので、

広い視野で判断していきましょう。

 

私がファイナンシャルナースとして守っていきたいのは

母子の「健やかな人生」です。

 

お金の事も、働き方も、

精神面や健康面も。

 

様々なことが生活に影響しあっています。

 

専門的に集中的にかかわるだけではなく、

広い視点で整理・分析・根本問題に対応できるよう日々精進しております。

 

子育てママ、ひとり親の

貧困問題と虐待、うつ、自殺問題の解決のため

お金や制度の事、働き方のサポートを

 

メンタル面でのサポートでは

長年のクセ・思い込みなど

メンタルブロックが解除できる

コンサル&カウンセリング セッション

 

健康面(メンタルへの影響も)は

最先端科学技術を用いた波動パッチ(シール)

 

でたくさんのお悩みサポートができるようになりました。

 

仕事を通して、たくさんの専門家に

出会うことができるようになりました。

 

何か、悩んでいるときは

私自身が解決できなくても

お繋ぎすることができるかもしれません。

 

まずは、「誰かに助けを求める」

という一歩を進んでみましょう。

 

<今月の予定>

一般社団法人FP看護師パートナー協会の方で、セミナーをまとめております。

▼詳細・申し込み先はコチラ

2022年7月の講座 – ファイナンシャルナースカレッジ (financial-nurse.jp)

 

 

7月4日(月)22:30~

きたじー先生「看護師の働き方とお金」


7月7日(木)10:00~/22:00~

ビジネス⑨コーチング・ティーチング・カウンセリングの使い分け

(高梨子)


7月12日(火)13:00~

セミナー実務講座

光里さん、「7/22開催予定の働き方とお金講座」について


7月15日(金)13:00~
相談実務講座

「扶養内で働く」についてディスカッション


7月16日(土)10:00~

シングルマザー副業起業の仕方

 ~収入の作り方、増え方とビジネスモデル~(高梨子)

 

内容

・「収入」のつくりかた、捉え方

・副業や起業するメリットとリスク

・自分で仕事をつくるとは

・どんなビジネスモデルがある?

・オンラインを活用した仕事のはじめ方

 

参加費:3300円(税込み)


7月21日(木)10:00~/22:00~

ビジネス⑩メルマガ・公式LINEのステップ配信づくり

(高梨子)


7月23日(土)10:00~
シングルマザー手元にお金を残す働き方

~開業のタイミングと開業メリットデメリット~

 

内容

・会社員と自営業の違い

・課税の仕組みと税負担軽減ポイント

・教育費など支援制度と税務の関係

・開業メリットとタイミング

・確定申告の方法

 

参加費:3300円(税込み)


 

ayano-t-220324-037

HaMaLife 代表
ファイナンシャルナース
高梨子 あやの

・看護師歴14年
・2級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本FP協会認定AFP ・DNAシフトセラピスト
・しんぐるまざーずふぉーらむ認定ひとり親相談員
・マイライフエフピー認定ライター

7歳・4歳の男の子ママ。次男出産前に離婚し全てリセット。新しい自分のリスタート。

出産翌日からFPの勉強を始め、4か月で資格取得。
所得コントロールのため起業し、看護師しながら独立準備。
お金の知識を最大限生かしながら、働き方をプランニング。2020年より”子連れ離婚準備””シングルマザー”専門ファイナンシャルナースとして活動中

 
【実績】
 ライター:
 マイナビニュース・保険市場・医療系通販サイト・
 アンファミエ・ナース専科、ナース専科PLUS・
 看護師のオンラインサロン・ナースLab・お出かけ情報サイトいこーよ(記事監修)
 
 取材:
 アメリカ金融情報サイトBloomberg、ビジネス情報サイト、
 地方で働く起業女性編の取材、道新、UHBみんてれ

 その他:
 商工会主催創業塾 2年連続講師登壇
 開催セミナーは年間100名以上実施
 
「ほったらかしするほど増える!?最新の教育費の準備」
「戦略的起業で家計の負担大幅減!節約以上の削減効果あり働き方とお金の関係」
「ファイナンシャルナースカレッジ」
「シングルマザー支援者養成講座」

\離婚で損したくない💦💦/

\ 無料メール講座でお届け中/

\LINE登録で離婚前に必要な手続き一覧GET/

\働き方と身近なお金のことを学ぶ!/

1

▼今月の講座はこちら

\シングルマザーでも生活のゆとりをつくる/

\セミナー・イベント情報/