最近では離婚のハードルがとても下がり、まわりを見てもシングルマザーは多いと感じる時代かと思います。

ただ、私もそうでしたが子育てと働き方のバランスや家計の事に悩む方は多いのではないでしょうか。

特に経済面で離婚するのが不安で中々離婚に踏み出せないという方も多くいらっしゃいます。

 

そして看護師は、夜勤ができなくなるとそれだけで手取り収入が大幅に減ります。

私も独身の頃はほとんど夜勤(8~10回/月)というシフトだったため、10万円程手取り収入が少なくなったんですよね。

 

さらに、離婚して地元に戻り、クリニックに転職すると正社員でも手取り15万円程度…。
10年以上働いてきてもこのお給料かと思うと悲しくなりました。

 

ただ、こういったお金の悩みも、働き方とセットで考えられるようになったことで絶望が希望に変わりました。

お金の置き場所を変えたり、働き方を調整して支援が受けられるようになると大きく資産残高が変わるケースが多く、私は逆にワクワクしながら相談をお受けし、シミュレーションをつくっているんです。

 

 

副業・起業をすすめている理由とは

まずは収入から見て見ましょう。日本は平均年収が減っています。

 

さらに世界の中の日本で見てみると・・・。

日本の平均年収はOECD加盟国の平均以下となっております。

 

 

 

アメリカやアイスランドなどは日本の倍近く、収入が多いのです・・・。

ここでは詳しくは書きませんが、この状況ですと、日本の製品・会社が安いため外資に買い占められる&輸入品がどんどん高くなる状況になります。

 

 

次に支出について。

 

日本は少子高齢社会です。高齢者に対しての保障が手厚くなっているため、今後さらに後期高齢者が増えてくると年金だけではなく、医療費や介護費などの費用負担

 

 

が大きくなっています。年金で生活できない高齢者は生活保護となるケースも多いでしょう。

という事は、社会保障費がかさみ、税金や社会保険料の負担割合がどんどん上がっていきます。

 

年金も受給額が目減りし、受給開始年齢が先延ばしになっています。年金2000万円不足問題は5000万円不足かもしれません。どちらにしろ今まで政府は年金は大丈夫と言っておきながら、年金だけでは生活できません。と修正してきた状態にあります。

自分が使うお金は自分たちで準備をしなければ、誰かがなんとかしてくれる時代ではないのです。

 

「足りない」のレベルがどんどん大きくなっていっているので、節約だけ、投資だけではお金を守ることが難しくなってくるのではないでしょうか。

 

 

 

どれくらいの割合、お金が引かれているのか知っていますか?

お給料をもらっている人はだいたい年収の15%が社会保険料で引かれます。

そして税金の面でも所得から引けるお金(控除)が決められているため、手元に残るお金はあまりコントロールできないのです。

全ての控除をすると、手元に残るお金は年収の80%と言われています。

500万円稼いだら、100万円は引かれてしまうんですよね。手元に残るお金は500万円ほどです。

 

 

ですが、「収入から引けるお金」を理解し、しっかり申告する事でお金を残す力が増していきます。

 

そのお金を守る一つの方法が、「給与所得」と「事業所得」を持つこと。

そうすることで、収入が増えてもその収入から引けるお金の種類が増えるので、ただ節約をするよりも、ふるさと納税をするよりも支出削減効果が高くなるのです。

税金だけではなく、健康保険や年金保険などの社会保険料も働き方によって減らせる可能性があります。

 

 

さらに、支出削減だけではなく、所得が小さくなることによって活用できる支援制度が増えるのもポイントです。

 

特にひとり親は働き方とお金のバランスに悩みやすく、貧困世帯も非常に多いと言われています。

会社員は安定的収入があるため、支援制度の対象外となりやすいのですが、子どもとの時間を削ってまで働かなきゃいけないという選択になっている人も多いのではないでしょうか。

でも、しっかりと税制度と公的支援制度の関係を知る事で、今よりも身体への負担を軽くしながら、生活していくこともできるようになります。

 

 

その差1500万円!?シングルマザー働き方と支援制度

▼子ども2人、年収450万円での比較

試算条件)
年収450万円、青色申告特別控除65万円、経費100万円、所得控除は基礎控除のみ。

 

1年間の収入は同じでも、所得額が変わるだけで受けられる支援にここまで差が生まれる可能性があります。

さらにこちらのシミュレーションでは、税金や社会保険料の金額は反映されていないため、もっと差が広がることでしょう。

 

正社員として働きながら、2000万円のお金をつくるというのは貯金だけでは結構大変です。

ひとり親家庭の約50%は貯蓄が100万円未満という厚生労働省のデータもあり、実現できいる世帯はとても少ないのが現状です。

ですが根本問題から考え直してみると、そもそもそんなに準備しなきゃいけないのか?という事にもつながります。

 

収入だけで準備をするのではなく、家計の節約以外に固定費の削減を考えてみること、そしてそこで浮いた資金を活用し投資をしていくこと。併用することで無理だと思っていたお金は準備することができるのです。

 

働き方もバランスを考えたい。でも

「お金のために辞められない」生活から
「お金の事を知って辞められる」
変えていくことができます。

 

 

 

働き方を変え、生活が大きく変わった

お金の事以上に、働き方を変えたことは私にとって、生活しやすい環境に変わりました。

 

働く場所自由になっただけではなく、子どもたちの急な休みにも対応できるようになったり、人間関係も大きく変わりました。

愚痴ばかりの空気から、先々を考えて努力している人たちの中に身を置くことで、私自身もたくさん情報を得て、考えられるようになりました。

何よりも、たくさんの感謝のシャワーの中で過ごし、感謝の気持ちであふれるような環境、とても心地が良いです。自己肯定感もとても上がり、働くこと、人生がとても楽しくなりました。

 

無理して働く人生から、自分や家族を大切にした心地よい働き方で笑顔の循環が広がっていくことを願っています。

 

関連記事
⇒シングルマザーだからこそ、家計と時間の余裕をつくる起業という選択

 

講座内容

・働き方が変わって何が変わった?
・会社員と自営業のお金の違い

・課税の仕組みと税負担軽減ポイント
・教育費など支援制度と税務の関係
・働き方と家計・資産への影響
 

副業・起業・フリーランスは必ず勉強していく知識なので、この講座をきっかけに、全体像をイメージして、ご自身でもいろいろ調べていってもらいたいと思います。

 

※税理士資格は持ち合わせていないため、個別に税金計算をするなどの具体的なアドバイスをすることはできません。あくまでも一般的な話や、私自身のこれまでの経験等からお伝えさせていただきます。ご了承ください。

 

日程

終了2022年2月11日(金)22:00~
終了2022年2月17日(木)10:00~
終了2022年2月26日(土)10:00~
終了2022年3月26日(土)22:00~
(医療従事者向け)
終了2022年4月9日(土)10:00~
終了2022年4月15日(金)22:00~
(シングルマザー向け)

終了2022年6月25日(土)22:00~
(シングルマザー向け)
2022年7月23日(土)10:00~
(シングルマザー向け)

 

講座時間120~150分程度

 

受講料

今回は3,300円(税込み)

次回からは1回7,500円(税込み)にアップし、60分の個別相談付きに変更となります。

 

お支払方法はクレジットカード・銀行振込対応
※銀行振込の場合は入金手数料のご負担をお願いいたします。

 

<キャンセルポリシー>

1週間前キャンセル:全額返金(手数料差し引いた金額)
2日前キャンセル:半額返金(手数料差し引いた金額)
全日~当日キャンセル:返金なし

 

オンライン開催

ビデオ会議システムZOOMを活用します。
事前にZOOMを活用できるよう、環境を整えておいてください。

 

 

 

講座のご感想

大塚紗弓さま
寡婦の考え方には目から鱗でした! そして細かいルールは本当に知らされないんだと実感。。 知るって大切ですが、ここまで有益情報をまとめてお聞きできるのはとても効率的でした❤️

 

K・Yさま

給与+事業所得という働き方のメリットを知れた事で視野が広がりました。働く=どこかに就職する、という前提でいたので、お給料の高さをとるか、お給料は少なくても負担のない方をもるか、という選択肢しかありませんでした。 起業といっても、まだ現実味はないですが、実現できたら、シングルマザーにとってはメリットの大きい生き方、働き方だなと思いました。

 

T・Iさま
シングルマザーは時間も心もお金も余裕が無くなりがちですが、働き方の違いにより、受けられる支援が大きく変わる事や、制度のしくみなど、税金のしくみなど、色々な知識をつけることにより、シングルマザーでも時間やお金に余裕を持って、自分と子供との生活を大事にしながら生きていける事が分かりました。知る事の大切さを再認識しました。

 

Yさま
起業の働き方や、経費として計上できる制度や、住民税非課税世帯のことなど勉強になりました。あとはどれが自分が使える制度かの照らし合わせなどを行って、使えるところに申請など忘れないように取りこぼさないように制度を利用していけたらいいなと思いました。

 

H・Mさま
起業している人が多い中、未だ正社員=安定のイメージが強かったのですが控除を活用することでの手当や税金対策にただただ驚きました。所得の考え方についても勉強になり、自分が手当の面でもかなり損してることにも気付きました、、!自分から学び、知り、考えて行動することの大事さを改めて実感しました。貴重な時間をありがとうございます!

 

M・Nさま

今までは、お金をたくさん稼ぐことばかり考えていました。 セミナーに参加したことによって、所得や控除について知ることができ、たくさん稼ぐことよりも働き方をしっかり学び考えることが大切だと思いました。 今後もお金等について勉強をして働き方を変えていき、家庭も仕事も大切にしていきたいと思いました。 本日は、本当にありがとうございました。

 

E・Fさま
本日は貴重なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。子育てママとして、子どもとの時間を大切にしたいし、でも自分のやりたいことも叶えていきたいので、起業に向けてお金との向き合い方をとてもわかりやすく勉強させて頂きました。

 

S・Nさま
教育資金がこんなに違うとは思いませんでした!すごく勉強になりました!

 

Y・Sさま
経費のことなど、あらためて気づかされ、開業してフリーランスとなって良かったなぁと改めて思いました。女性が賢く働くことが、家庭の安定、子どもの笑顔につながるし、女性の人生が変わっていくと思います!

 

M・Kさま
今日はありがとうございました! これからまさに働き方をかえて行きたいと思う中で、凄くためになるセミナーでした✨ むしろもっともっと聞いていたかったです!

 

M・Tさま

知識のないまま個人事業主になってわからないことばかりでしたが、お話を聞いて理解できるようになりました。
 
 
 
  

講師

一般社団法人FP看護師パートナー協会 代表理事
HaMaLife 代表 高梨子あやの


一般社団法人FP看護師パートナー協会 代表理事
HaMaLife 代表

当別町在住8歳・5歳の男の子シングルマザー

・看護師(14年)
・2級FP技能士(5年)・日本FP協会認定AFP
・DNAシフトセラピスト

・マイライフエフピー認定ライター
・しんぐるまざーずふぉーらむ認定ひとり親サポータ

Instagramで離婚シンママ向け情報を発信中
https://www.instagram.com/ayanooon1030/

 

現在の働き方・お仕事

・ファイナンシャルナース養成事業
 FNCの立ち上げ・運営

・税制度から考える離婚準備相談
・シンママのお金・働き方相談
・深いマインドブロック解放セッション

・Instagram運用やビジネス構築、
 購買意欲を高めるライティング指導

(基本的にオンライン完結型なので在宅ワークです)

 

 

実績

*FPの実績ゼロ、営業ゼロ、
 クラウドワークスなど活用せずに

 起業初年度から執筆依頼が続々入る。
 1ヶ月で6社から依頼が入ったことも。

*「マイナビニュース」「保険市場」執筆
*子育て世代向けお出かけ情報サイト
「いこーよ」記事監修

*看護師向けサイト
「ナース専科」「ナース専科PLUS」
「アンファミエ」「ナースLab note」執筆

*アメリカの大手経済・金融情報サイト
「Bloomberg」取材・リサーチ協力

*北海道新聞・UHB(TV)取材
*商工会主催 創業塾 2年連続講師登壇
*セミナー開催 年間100回以上